脱毛症の改善は頭皮ケアから・・・

髪を洗髪した後に、排水溝に溜まった多くの抜け毛を見てショックを受けている人は多いと思いますが、脱毛症のお悩みを抱えているのは男性ばかりでなく、女性も大勢いらっしゃいます。

日本国内では、男性が1000万人以上、女性も約600万人もいるといわれています。

そんな脱毛症を改善し、予防するには、毎日の洗髪を基本とした頭皮ケアがとても大切です。

髪の製造工場と呼ばれ、髪を作り、成長させる働きをしているのが毛根の一番奥にある毛母細胞です。

この毛母細胞に、髪に必要な栄養素や酸素をしっかりと行き渡る血行のよい頭皮環境に整えることが必要です。

それに、余分な皮脂や汚れが残っている不衛生な状態の頭皮は、毛穴を詰まらせて、抜け毛を引き起こす原因になってしまいます。

頭皮ケアの基本となる正しい洗髪法を身に付けて、清潔で血行のよい状態の頭皮に整えることが、脱毛症の改善、予防につながるというわけです。

しかし、毎日の洗髪に使用するシャンプー剤が頭皮を悪化させてしまうことがあります。

ドラッグストアーやスーパーに行けば、数多くのシャンプー剤が商品棚に並べられていますが、その中には、頭皮を強く刺激して、頭皮環境を悪化させてしまう成分が含まれているシャンプー剤が存在します。

特に低価格で売られているシャンプー剤は、洗浄成分に合成界面活性剤が使われており、この成分は洗浄力は強い分、頭皮への刺激も強く、頭皮にかなりのダメージを与えてしまうので、皮膚の弱い人は注意しなければなりません。

また、育毛剤を使用している人も、その育毛剤に頭皮にダメージを与えるような成分が含まれていないか、購入前にしっかりと成分表をチェックしましょう。

花蘭咲

実は、こうした髪が生えやすい環境の頭皮に整えるケアは女性の脱毛症には有効ですが、男性の場合は、これだけではなかなか改善することができません。

男性のほとんどは、男性型脱毛症というタイプですが、この脱毛症はテストステロンという男性ホルモンが深く関係し、ある酵素の影響で変化して毛母細胞の働きを抑制するようになります。

ですので、男性型脱毛症の場合は、毛母細胞の働きをいかに復活させるかということが改善のポイントとなります。

以前は、男性脱毛症に効果的な成分がなく、治療は難しいとされてきましたが、現在は、育毛の研究が進み、唯一、医学的に男性型脱毛症に効果が認められているミノキシジルという塗り薬の成分が開発され、改善効果が得られるようになりました。

 

 

 

女性の薄毛を改善するには

女性の薄毛にはいくつかのタイプがあります。

薄毛を改善するために自分のタイプを見極め、それに合った対処が必要になります。

まず、頭頂部の地肌が薄いタイプです。

かさぶたみたいなフケが出る人。

原因はシャンプーの回数が多いか、強い力で洗いすぎていることです。

こうすると頭皮の必要な油分が失われ、乾燥しすぎてフケが大量に出るのです。

このフケが毛穴をふさぎ、老廃物が出にくくなり、頭皮に細菌が増え炎症が起きます。

対処法は、シャンプーの回数を1日1回にして、皮膚に負担のかからない天然成分の入った頭皮に優しいものを選ぶましょう。

頭皮に皮脂が過剰に出ると毛根が赤く炎症を起こして抜けます。

これは髪をあまり洗わなかったり、頭皮に合わないシャンプーを使ったり、すすぎ不足が原因です。

髪は定期的に洗い、きちんとすすぎましょう。

食生活も皮脂を増やす油っぽい食事は控えた方が良いです。

次は分け目が薄いタイプです。

髪を強く引っ張り束ねている事が原因です。

頭皮に負担がかかり、血行も悪くなり、毛根が栄養不足になり細く抜けたりします。

血行を良くするため、頭皮マッサージが良いです。

あまり頭皮に負担にかかる髪型も控えましょう。

そして全体的に薄いタイプです。

髪がよく抜け薄くなった人。

原因はストレスや老化、食生活の乱れとヘアケアの間違いなどです。

ストレスでホルモンバランスが崩れ髪にも栄養がいきわたらず乾燥して細くなります。

老化は女性ホルモンが減り、男性ホルモンの働きが強くなるからです。

食生活は脂が多いと血液がドロドロになり、髪にまで栄養が行き渡りません。

過度のダイエットも栄養不足や偏りに陥り、髪の成長を抑制することになります。

ヘアケアではドライヤーやパーマ、カラーリングで髪がダメージを受けすぎています。

髪のキューティクルが破壊ます。

どのタイプも最終的には、バランスのとれた食事をすることがまず大切です。

髪の栄養の素です。

そして、適度の回数のシャンプーとすすぎはきちんとして、髪のダメージを最小限にするため、頭皮に優しパーマやカラーリングを選びメンテナンスをしっかりして自分の髪を守りましょう。

ストレスもできるだけためこまないようにしていきましょう。