脱毛症の改善は頭皮ケアから・・・

髪を洗髪した後に、排水溝に溜まった多くの抜け毛を見てショックを受けている人は多いと思いますが、脱毛症のお悩みを抱えているのは男性ばかりでなく、女性も大勢いらっしゃいます。

日本国内では、男性が1000万人以上、女性も約600万人もいるといわれています。

そんな脱毛症を改善し、予防するには、毎日の洗髪を基本とした頭皮ケアがとても大切です。

髪の製造工場と呼ばれ、髪を作り、成長させる働きをしているのが毛根の一番奥にある毛母細胞です。

この毛母細胞に、髪に必要な栄養素や酸素をしっかりと行き渡る血行のよい頭皮環境に整えることが必要です。

それに、余分な皮脂や汚れが残っている不衛生な状態の頭皮は、毛穴を詰まらせて、抜け毛を引き起こす原因になってしまいます。

頭皮ケアの基本となる正しい洗髪法を身に付けて、清潔で血行のよい状態の頭皮に整えることが、脱毛症の改善、予防につながるというわけです。

しかし、毎日の洗髪に使用するシャンプー剤が頭皮を悪化させてしまうことがあります。

ドラッグストアーやスーパーに行けば、数多くのシャンプー剤が商品棚に並べられていますが、その中には、頭皮を強く刺激して、頭皮環境を悪化させてしまう成分が含まれているシャンプー剤が存在します。

特に低価格で売られているシャンプー剤は、洗浄成分に合成界面活性剤が使われており、この成分は洗浄力は強い分、頭皮への刺激も強く、頭皮にかなりのダメージを与えてしまうので、皮膚の弱い人は注意しなければなりません。

また、育毛剤を使用している人も、その育毛剤に頭皮にダメージを与えるような成分が含まれていないか、購入前にしっかりと成分表をチェックしましょう。

花蘭咲

実は、こうした髪が生えやすい環境の頭皮に整えるケアは女性の脱毛症には有効ですが、男性の場合は、これだけではなかなか改善することができません。

男性のほとんどは、男性型脱毛症というタイプですが、この脱毛症はテストステロンという男性ホルモンが深く関係し、ある酵素の影響で変化して毛母細胞の働きを抑制するようになります。

ですので、男性型脱毛症の場合は、毛母細胞の働きをいかに復活させるかということが改善のポイントとなります。

以前は、男性脱毛症に効果的な成分がなく、治療は難しいとされてきましたが、現在は、育毛の研究が進み、唯一、医学的に男性型脱毛症に効果が認められているミノキシジルという塗り薬の成分が開発され、改善効果が得られるようになりました。

 

 

 

正しいエイジングケアで老化を遅らせる!

 

人は生命を維持して生きている以上、年齢を重ねるとともに加齢の影響で体は徐々に衰えていきます。

多くの人が40歳を過ぎた頃から体力の衰えを感じ、基礎代謝量も低下するので体脂肪が付きやすくなって徐々に太り、体型も変わってきます。

さらに、肌はシワ、たるみ、シミなどが目立つようになり、髪も白いものが混じったり、薄くなったりします。

こうした加齢による老化は絶対に避けられないことですが、美意識が高い女性としては、少しでも老化を遅らせたいという思いが強いのではないでしょうか。

特に、美肌をいつまでも維持したいという思いから、野菜を積極的に多く食べたり、サプリメントを飲んだり、無添加の化粧品を使ったり、美容エステに通ったりと、アンチエイジングに多くのお金と時間を惜しみなく費やしている女性が結構いらっしゃいます。

しかし、それで実際の効果が現れているのでしょうか?

残念ながら、顔のシミやシワがくっきりと目立ってきた時に、ただ漠然と野菜を食べたり、やみくもにシミ用、シワ用などと書かれた化粧品を使っても効果は期待できません。

それよりも、まず、肌が老化する仕組みや、シミやシワができる原因を知り、そして、それらの敵を知るなど、エイジングケアとしての正しい知識を身に付けなければなりません。

例えば、シワの原因は“乾燥”と思い込んで、その対策に化粧水で水分を与えるということをしている女性が多いようですが、シワは乾燥ではなく、肌内部の真皮に存在するコラーゲンの減少や劣化が原因です。

このように、今まで一般的に常識とされていたエイジングケアの誤解が多くあるということです。

そして、肌の老化をもたらす一番の敵は“紫外線”ということもしっかりと頭に入れておきましょう。

紫外線による光老化は、肌老化の約65%も占めていると言われています。

ですので、しっかりとした紫外線対策ができれば、エイジングケアとしての効果も高まり、少しでも老化の速度を遅らせることができるというわけです。

ちなみに、一般的に紫外線による影響としてよく知られているのは、シミだと思います。

肌が紫外線を浴びると肌内部でメラニン色素が作られ、これがシミの原因になるわけですが、その他に活性酸素もシミを作る原因に挙げられます。

紫外線は、メラニン色素の他に活性酸素も発生させてしまいます。

本来、人の体には活性酸素を除去する仕組みが備わっていますが、それが年齢とともに低下してしまいます。

それを補うために、ポリフェノールやカロテノイドを含んだ食品や緑黄色野菜などの抗酸化力のある食品を摂取することが有効になります。

また、タバコやストレス、激しい運動なども活性酸素を発生させることになります。

このように、まずは、自分自身で肌の仕組みや老化の原因、敵を知ることで正しいエイジングケアが身に付きます。