乾燥肌を防ぐスキンケア

乾燥肌はシミ、くすみ、シワ、ニキビなどの肌トラブルの原因となります。

では、乾燥肌を防ぐためのスキンケアはどのようにしたらいいのでしょうか。

まずは、日焼けをしないことです。

日焼けは乾燥の元です。

日差しが強くないからとか、曇っているから、短時間だからと油断してはいけません。

日焼け止めを塗ったり、日傘をさすなどの日焼け対策は必要です。

強い洗顔料を使わないという事も大切です。

乾燥が気になる場合には、朝と夜の洗顔を変えるのもいい方法です。

夜はメイク汚れなどを落とす必要があるので、クレンジングや洗顔が必要ですが朝は、ひと肌より少しぬるいくらいのぬるま湯だけで洗うとか、優しい成分の洗顔料で洗うようにしましょう。

洗顔料は、肌への負担がかからないようにしっかり泡立ててこすらないように洗顔しましょう。

髪の生え際やデコボコした部分に洗顔料が残りやすいのでチェックしてしっかり洗い流すようにしてください。

洗顔料が残っていると刺激になってしまいます。

清潔なタオルで水分をとりますが、こすってはいけません。

肌への大きな負担となってしまいます。

すぐに化粧水で保水しましょう。

化粧水はたたくような付け方はしないで手の体温で顔全体に浸透させるようにおさえるようにつけましょう。

成分も乾燥肌に効果のある成分がおすすめです。

セラミドやビタミンC誘導体、プラセンタ、ヒアルロン酸など乾燥に効果のある成分の化粧水が色々あります。

乾燥が特に気になるときには、シートパックや化粧水でのコットンパックをしましょう。

長時間すればいいというものではないので気を付けましょう。

シートパックやコットンが乾く前に外すことが大切です。

化粧水を丁寧に付けたら、乳液とクリームでふたをしましょう。

化粧水だけで終わりにしてしまうと水分が逃げてしまいます。

目元や口元は特に肌が薄く皮脂腺が少ないので乾燥しやすい部分です。

強くこすらないように気をつけながら、他の部分よりも特に丁寧に付けるようにしましょう。